有料老人ホームの種類

有料老人ホームの種類

有料の老人ホームは、高齢者の住宅として一番普及しているタイプです。

 

有料老人ホームは、厚生労働省の分類にもとづき
介護付」「住宅型」「健康型」の3類型に分けられています。

 

介護付き有料老人ホーム

 

介護付き有料老人ホームは、「特定施設入所者生活介護」の指定業者が運営する施設で、食事や入浴・清掃、介護サービスなどを受けることができ、介護保険も適用されます。有料老人ホームの中で、最も施設数の多いのが、この介護付き有料老人ホームになります。

 

介護付」は、更に、一般型・介護専用一般型・混合外部サービス利用型と、細かく分類することができます。

 

一般型・介護専用は、要介護1以上の方を入居対象に限定しています。

 

一般型・混合は、要介護認定されていない方でも入居できます。

 

外部サービス利用型は、介護サービスを外部に委託した施設になります。

 

介護付き有料老人ホームについて詳しくはこちら

 

住宅型有料老人ホーム

 

住宅型有料老人ホームは、「特定施設入所者生活介護」の認定を受けていない施設です。施設では、食事や緊急時の対応など日常的な生活支援のみを行います。介護が必要になったときは、自らが介護業者と契約して外部のサービスを利用することになります。

 

住宅型有料老人ホームについて詳しくはこちら

 

健康型有料老人ホーム

 

健康型有料老人ホームは、食事や清掃などは行ってくれますが、一切の介護サービスの提供がありません。自立した高齢者向けの施設になります。もし、介護が必要になった場合、退去する必要があります。

 

健康型有料老人ホームについて詳しくはこちら

都道府県別 有料老人ホーム一覧