高齢者向け住居の種類

高齢者向け住居の種類

有料老人ホーム以外にも、高齢者向けの住居があります。ここでは、いくつかを紹介します。

 

高齢者専用賃貸住宅

 

高齢者専用賃貸住宅は、通称「高専賃(こうせんちん)」と呼ばれています。

 

高齢者のみが入居でき、各都道府県に「高齢者専用賃貸住宅」として届けられた住居施設です。高齢者専用ということのみで、バリアフリーであるとか、ケアサービスがあるとか、そういった規定はありません。一般的な賃貸住宅同様に、各事業者毎に条件等は異なっています。

 

高齢者専用賃貸住宅について詳しくはこちら

 

高齢者向け優良賃貸住宅

 

高齢者向け優良賃貸住宅は、通称「高優賃(こうゆうちん)」と呼ばれています。

 

バリアフリーであったり、緊急時の通報や応対体勢がととのっているなど、高齢者に対応した諸条件が満たされ、各都道府県で認定された住居施設です。家賃の補助がある場合もあります。更に、「特定施設入居者生活介護」の認定を受けた「適合高専賃」という住居施設も一部にはあります。

 

高齢者向け優良賃貸住宅について詳しくはこちら

 

高齢者マンション(分譲)

 

高齢者向けの分譲マンションは、バリアフリーで、安否確認、緊急時の応対などを行ってくれます。看護師や選任スタッフが常駐しているところもあり、富裕層向けの傾向があります。

 

高齢者向け分譲マンションについて詳しくはこちら

 

グループホーム(認知症対応)

 

認知症の方々の共同生活をする施設。地域社会の溶け込むことを理想としています。一般に10人以下の少人数で構成され、介護を受けると言うより、一人一人が家事などを分担し、共同生活で助け合いながら、認知症の進行を抑えていきます。

 

グループホームについて詳しくはこちら

都道府県別 有料老人ホーム一覧