老人ホーム 介護施設の介護保険サービス

介護保険サービスの種類

介護保険では、各個人の申請後、認定された要介護度に応じて、様々な介護サービスを受けることができます。

 

要介護認定
介護認定審査会の審査結果にもとづき、
介護保険の対象にならない「非該当(自立)」、
予防的な対策が必要な「要支援」、
介護が必要な「要介護1〜5」の区分に分けて認定されます。

 

介護保険サービスの概要

 

介護保険サービスは、「在宅サービス」、「施設サービス 」、「地域密着型サービス」の3つに大別されます。

 

在宅サービス

 

訪問介護

自宅にホームヘルパーさんが来てくれて食事や掃除などの生活援助や、身体介護を行ってくれるものです。

 

通所サービス

日帰りで、入浴や食事、運動訓練などを行うデイサービス(通所介護)や、さらに機能訓練も行えるデイケア(通所リハビリテーション)があります。

 

短期入所

短期入所(ショートステイ)は、施設に最大30日間入所させることのできるサービスです。

 

福祉用具貸与

電動ベッドや車いすなど、介護保険法で定められたレンタル機器を、10%負担で借りることができます。

 

福祉用具購入

手すりの設置など、介護保険法で定められた福祉用具を、購入時に助成されます(購入金額は1年間で最大10万円まで)。

 

施設サービス

 

施設に入って生活しながら、生活の援助や、介護を受けるものです。介護老人福祉施設サービス(特別養護老人ホーム)、介護老人保健施設サービス、介護療養型医療施設サービスがあります。詳しくは⇒こちら

 

地域密着型サービス

 

その名の通り住み慣れた地域で生活を続けることができます。デイサービスを中心に訪問介護やショートステイを組み合わせ在宅での生活を支援する小規模多機能型居宅介護や、グループホームなどがあります。

 

介護保険制度について詳しくはこちら

都道府県別 有料老人ホーム一覧