有料老人ホームの入居に必要な費用

有料老人ホームの入居費用

有料老人ホームに入居するには一体どんな費用が必要なのでしょうか。概要をまとめましたので参考としてください。

 

入居一時金

 

有料老人ホームは、公的な補助がなく建設されています。そのため建設にかかる費用は、入居者の方から徴収することになります。入居一時金を支払うことにより、専用居室や共有施設を利用する権利を得ることができます。いわば、長期家賃の前払いと考えるとわかりやすいでしょう。

 

入居一時金の保全措置の義務化
平成18年の改正で、入居時の一時金が上限500万円(未償却分)までの保全義務が科せられました。(ただし、平成18年4月以降開設する老人ホームのみとなりますので、注意が必要です。)

 

介護費用

 

介護保険制度の介護サービス以外の費用負担です。元気なときの一時的な介護や、生活支援、24時間の見守りなどがあります。

 

介護費用は、入居時に入居一時金とは別に一時金として支払う場合と、
月々介護費として支払う場合があり、それぞれの老人ホームによります。

 

月額利用料

 

管理費

介護以外の事務職員の人件費など、ホームの維持・運営のための費用です。

 

食費

ご自身が食べた食事の費用です。

 

水道光熱費

管理費に含まれる場合もあります。

 

個人的な生活費

電話代、レクリエーション代など。

 

万一の費用

冠婚葬祭、病気などの備えも必要です。

 

老人ホーム・介護施設の費用・料金について詳しくはこちら

都道府県別 有料老人ホーム一覧